パラジウムメッキ・Pdめっき
パラジウムメッキ・Pdめっき
パラジウムメッキ・Pdめっき

パラジウム系金属めっき・Pdメッキは、金めっきに比べ安価であり、更に高硬度めっき被膜です。パラジウム系金属めっき・Pdメッキは、半田転写(半田カス)が付着しにくい特性があると言われています。 空気中の有機物質がめっきの触媒作用で重合(ポリマー)化し、摩擦ポリマーを生じさせ、動作に影響を与えることがあります。 摩擦ポリマーを防止するためには、パラジウム・コバルトめっき表面にAuめっきを薄く(0.2〜0.5μ程度)めっきすると効果的があると言われております。 パラジウム系金属メッキ・Pdめっきは、マイクロクラックが生じやすく、自重の4倍もの水素を吸蔵する特性があるため、めっきのコントロールが難しいめっきです。 一般的には、電気接点や半導体検査プローブなどに使用されています。

メッキ種類 パラジウムメッキ・Pdめっき
トップ(オーバー)コート・拡散防止用 トップ(オーバー)
コート用
メッキ名 パラジウム・
コバルト合金
パラジウム・
ニッケル合金
純パラジウム パラジウム・
インジウム合金
呼び方 Pd・Coメッキ Pd・Niメッキ 純Pdメッキ Pd・Inメッキ
使用 純 度 Pd75%
Co25%
Pd 80%
Ni 20%
Pd 99.9% Au 99.99%
厚 さ 0.1um以上 1um以下 0.1um以上 0.1um以上
色 調 銀色 銀色 銀色 銀色
規 格 - - ASTM B488 TYPE 
Gread C
ASTM B488 TYPE 
Gread A
特性 硬 度 400〜500 450〜550 300〜400 -
接触抵抗値
(低い)
約10μΩ/cm 約11μΩ/cm 約10μΩ/cm -
耐食性 -
耐摩耗性 -
耐熱性 -
半田転写性 -
高周波特性 × × - -
反射率 約60% - 約55% 約55%
価格 応相談 応相談 応相談 応相談
分野・用途 電子・半導体・弱電 電子・半導体・弱電 電子・半導体・弱電 -
適用部分 各種接点・端子・
コネクター・ピン
その他電子部品
各種接点・端子・
コネクター・ピン
その他電子部品
各種接点・端子・
コネクター・ピン
その他電子部品
-
使用目的 電気伝導性
低接触抵抗
耐食性
電気伝導性
低接触抵抗
耐食性
電気伝導性
低接触抵抗
耐食性
-
生産量 量産可 量産可 量産可 試作対応

パラジウムメッキ・Pdめっき