微小微細メッキ. com の貴金属メッキ(めっき)
金メッキ・Auめっき

工業用として金メッキ・Auめっきは、精密な電子・半導体部品を中心に極めて重要な機能的役割を果たしています。金メッキ・Auめっきは、軟らかいソフトゴールドと、硬いハードゴールドに分けられます。 ハードゴールドは、コバルト・銀・鉄・ニッケルなどを共析させ、金の特性を失わず、硬さや摩耗性を高めた合金メッキである。 金メッキ・Auめっきは、一般的にコネクター・電気接点部品・プリント配線基板等に用いられています。

 

 

 

 

メッキ種類 メッキ名 純 度
金メッキ トップ(オーバー)
コート用
硬質金  金コバルト  Au 99%以上
 Co 共析
 金ニッケル  Au 97%
 Ni 3%
 金銀  Au 75%
 Ag 25%
 金三元合金  
 純金(24K)  Au 99.9%
軟質金
(ボンディング)
 純金(24K)  Au 99.99%
(複合メッキ)  <金コンポジット
   ・メッキ>
 
アンダーコート(下地)用  金ストライク  Au 99%以上
 金ストライク  Au 96%
 Co 3%以上

 

パラジウム系金属めっき・Pdメッキは、金めっきに比べ安価であり、更に高硬度めっき被膜です。パラジウム系金属めっき・Pdメッキは、半田転写(半田カス)が付着しにくい特性があると言われています。 空気中の有機物質がめっきの触媒作用で重合(ポリマー)化し、摩擦ポリマーを生じさせ、動作に影響を与えることがあります。 摩擦ポリマーを防止するためには、パラジウム・コバルトめっき表面にAuめっきを薄く(0.2〜0.5μ程度)めっきすると効果的があると言われております。 パラジウム系金属メッキ・Pdめっきは、マイクロクラックが生じやすく、自重の4倍もの水素を吸蔵する特性があるため、めっきのコントロールが難しいめっきです。 一般的には、電気接点や半導体検査プローブなどに使用されています。


 

メッキ種類 メッキ名 純 度
パラジウム
メッキ
トップ(オーバー)コート
・拡散防止用
 パラジウム・コバルト合金  Pd 97〜75%  
 Co 3%〜25%
 パラジウム・ニッケル合金
 (ニッケル・パラジウム合金
)
 Pd 80%
 Ni 20%
 純パラジウム  Pd 99.9%
トップ(オーバー)コート用  パラジウム・インジウム合金  Pd 90%
 In 10%

 

ロジウムメッキ・Rhめっき

ロジウムメッキ・Rhめっきは、アークには弱いが耐食性がよく、硬さも700〜800Hvと高く耐磨耗性が非常に優れている。ロジウムメッキ・Rhめっきは、耐食性環境において表面に電気傷害となる皮膜を作らないので、膜を破壊するのに必要な電圧を必要としない。低電圧、低電流でも安定した接触が得られる。ロジウムメッキ・Rhめっきは、比較的電着応力が大きく、クラックを生じ易い欠点があります。また、先端が鋭角やバリなどがある場合、先端腐食が生じる可能性があり、非常にコントロールが難しいめっきです。
特にロジウムメッキ・Rhめっきは、長期間安定した接触抵抗が要求される接触子や、摩耗の激しい接触子(コンピュータのリードスイッチ等)に利用されている。


 

メッキ種類 メッキ名 純度
ロジウム
メッキ
トップ(オーバー)コート用  ロジウム(薄付け対応)  Rh 99.9%
 ロジウム(厚付け対応)  Rh 99.9%

 

銀メッキ(めっき)


銀メッキ(めっき)、実用金属の中では、銀の電気伝導度が最も高いです。(Ag>Cu > Au > Al > Ni >Fe >Pt > Pb) 硬質銀メッキ(めっき)の使用用途は、コネクタ、端子、スイッチ類、軟質銀メッキ(めっき)は、リードフレーム類です。銀メッキ(めっき)は、はんだ付け性は共に良好で、抗菌作用がありますが、欠点としては、変色しやすく、硫黄系には弱く硫化銀を生成し黒く変色してしまいます。

メッキ種類 メッキ名 純度
銀メッキ トップ(オーバー)コート用 硬質銀  ノンシアン銀  Ag 99%以上
 ノーシアン銀
 (厚付け対応)
 Ag 99%以上
 光沢銀(無機光沢)  Ag 99%以上
 光沢銀(有機光沢)  Ag 99%以上

 

白金(プラチナ)メッキ(めっき)


白金メッキ(めっき)は、プラチナメッキ(めっき)とも呼ばれ耐酸化性や耐食性、耐熱性に優れ、電子機器接点や電極、半導体製品など幅広く利用されています。また、ロジウムメッキ(めっき)とよく似た性質でもある為、装飾目的で利用されることもあります。白金メッキ(めっき)の特長としては、化学的に極めて安定、耐酸化・耐食性と耐熱性に優れています。また、良く電子機器用接点、電解用電極に用いられています。

 

メッキ種類 メッキ名 純度
白金(プラチナ)
・メッキ
トップ(オーバー)コート用  白金(厚付け対応)  Pt 99.9%以上
アンダーコート(下地)用  白金ストライク  

 

ニッケル メッキ(めっき)は、耐食性や機械的性質、耐熱性、電気伝導性、磁性などにも優れた特性を持っており、色調も良く各種の素地に対して直接密着性の良いメッキ(めっき)ができます。 無電解ニッケルめっきは、寸法精度も良く当社製品の下地めっきには、一般的に無電解ニッケルめっきを使用しております。

 

メッキ種類 メッキ名 純度
ニッケル
メッキ
(複合メッキ)  無電解ニッケル・PTFE  PTFE 20%
 電気ニッケル・PTFE  PTFE Max60%
トップ(オーバー)
・アンダーコート用
 電気ニッケル (ワット浴)  Ni 99%程度
 ニッケル・コバルト  Ni 80% Co20%
アンダーコート(下地)用  ニッケル・ストライク
 (ウッド塩化浴)
 99%程度
トップ(オーバー)
・アンダーコート用
 無電解ニッケル・リン
 (中・高リン)
 Ni 88〜92%
 P 8〜12%
 無電解ニッケル ボロン  Ni 99%
 B 1%

 

銅メッキ(めっき)は、軟らかいめっきであり、電気伝導性、熱伝導性に優れており、プリント配線基板など電子機器部品に使用されます。メッキ(めっき)しにくい素材への下地メッキ(めっき)(銅ストライク等)として、利用されています。

 

メッキ種類 メッキ名 純度
銅メッキ アンダーコート(下地)用  ノーシアン銅(厚付け対応)  99%以上
 銅ストライク  99%以上

 

イリジウムメッキ・Irめっきは、イリジウム単金属めっきだけでなく、イリジウム・ゴバルト・メッキ(めっき)等の合金メッキ(めっき)もあります。イリジウムメッキ・Irめっきの特徴は、耐熱、耐摩耗性に優れた貴金属メッキ(めっき)です。一般にイリジウムメッキ・Irめっきは、半導体部品やセンサ等に使用されております。微小微細メッキ.comでも、試作対応まで対応が可能となっております。

 

メッキ種類 メッキ名 純度
イリジウム
メッキ
トップ(オーバー)コート用  イリジウム  Ir 99.9%
 イリジウム・コバルト  

 

微小微細メッキ.comでは、金メッキやニッケルメッキ等のめっき被膜と特殊な物質と共析(複合・コンポジット)させる複合メッキです。特殊物質が共析する事によって、単金属では得ることができない特性などが向上します。
 

 

微小微細メッキ.comの表面処理